MENU

お風呂に入るだけでバストの横流れを改善できる方法

お風呂

 

バストの横流れを防ぐには、お風呂でのマッサージも有効です。

 

ワキに溜まってしまったお肉だけでなく、お腹に落ちてしまったお肉を元あったバストに戻すことで、メリハリボディになります。

 

バスタブに浸かってリラックスした状態でマッサージを行います。

 

最初はバストの周りからほぐします。

 

二の腕や鎖骨、ワキ、お腹回りからマッサージします。

 

特に鎖骨やワキの下にはリンパが流れているので、ここを優しく刺激できるように意識して行います。

 

お肉を手の平全体で、優しく掴むようにして揉みます。

 

血行が悪い体に溜まった脂肪は、長い間冷えた状態で放置されているので、すっかりこり固まっています。

 

もし、お肉が固いと感じたら、お肉をわしづかみにして、ブルブルと揺さぶるのも効果的ですよ。

 

お肉がぷるぷるに、柔らかくなったら、指の腹を使って、胸の方に流し込みます。

 

これを何回も繰り返します。

 

ついでにお腹回りのお肉もバストに流します。

 

肋骨の上に溜まった脂肪を、外側から内側に向かってなぞるようにマッサージします。

 

このマッサージは、広がった肋骨を閉める事ができるので、アンダーバストのサイズが小さくなりますよ。

 

仕上げに、真ん中に寄せたお肉を、バストの方に持ち上げるようなイメージでマッサージします。

 

お風呂でマッサージが効果的な理由

 

お風呂でリラックスした状態でマッサージすると良く眠れますよね。

 

ゴールデンタイムと呼ばれる、夜10時から翌朝2時までに熟睡することで、バストや筋肉の形成をする、成長ホルモンの分泌が良くなります。

 

また、最近はお風呂で使えるEMSマッサージ機なんかも注目されてますよね。

 

EMSは低、中、高と色んなレベルの電波を流すことで、脂肪に刺激をあたえます。

 

こり固まってしまったお肉を柔らかくするのにとても便利ですよ。

 

お風呂上りにバストのマッサージもしましょう。

 

バストを片方の手で持ち上げた状態で、手の平で優しくくるくるとマッサージします。

 

下から上に行います。

 

バストには乳腺が張り巡らされているので、乳腺を刺激することで、さらなるバストアップにつながります。